赤ニキビ 治らないのはなぜ??

赤ニキビ...そう聞くと、皮脂の分泌が1番盛んな思春期を思い浮かべる方もいると思います。

 

しかしニキビは20代から30代の大人の女性にもできることがあります。10代の頃に比べ治りにくかったり、跡になりやすかったり...そんな私たちを困らせる赤ニキビの好発部位と対処についてお話しします。

 

 

額のニキビのケアについて

女性は男性に比べ前髪を下ろしてることが多いと思います。髪には皆さんが思っている以上に雑菌が付着しています。

 

加えて額は汗をかきやすい部分でもあります。汗が出て、雑菌が付着して、さらに前髪で覆い、ファンデーションを付ける...そのような悪循環を繰り返していれば額のニキビは治りません。

 

 

また、洗い残しもニキビを悪化させる原因になります。ご利用になっている基礎化粧品にも大きく関係しますが、毛穴を詰めてしまうようなオイル系は、ニキビができやすい方には向きません。

 

額のニキビに関しては、汗をこまめに拭き取る・前髪がかからないようにする・シャンプーや洗顔料が残らないようにしっかりとすすぐ、この3つが予防と治療につながると思います。

 

 

鼻のニキビのケアについて

皆様も知っての通り、鼻は1番皮脂の分泌が盛んです。夕方には鼻だけテカってしまう...そんな経験をした方は多いのではないでしょうか。

 

鼻の皮膚は比較的硬いので、皮脂が毛穴の奥につまりがちです。黒ずみや角栓を隠そうと油分の多いファンデーションで厚塗り、紫外線からのダメージ、そして皮脂の分泌。

 

これらのニキビ要素を、1つ1つ消していくことが鼻ニキビを治す治療となります。

 

 

洗顔する際は強く擦らず、しかし小鼻までしっかり洗い流します。乾燥は皮脂の分泌を高めてしまうので、保湿はしっかりとしてください。

 

日頃使う化粧品は日焼け止め・下地・ファンデーション全て油分の少ないものにしてみましょう。定期的にあぶらとり紙で余分な油を取り除くのもオススメです。

 

 

頬のニキビのケアについて

頬、フェイスラインにできる赤ニキビは、主にストレス、食生活の乱れが原因だと言われています。

 

10代の頃のように、常に皮脂の分泌が盛んとは言えない大人ニキビは、睡眠時間が短かったり、仕事や家庭でストレスを抱えると急激に皮脂の分泌が盛んになり、(加えて食事で脂っこいものを摂りすぎると)ニキビができてしまいます。

 

頬のニキビができやすい方は食生活と生活リズムの見直し、野菜をたくさん摂ったらよくなった、よく眠ったら治った、なんて方もいるのではないでしょうか。

 

 

顎のニキビのケアについて

顎は皮脂腺の分布が多く、手で触れやすい上に、頬や額より紫外線からの予防を怠りやすいため、ニキビのできやすいところです。

 

日焼けをすると乾燥し、皮膚が乾燥すると人の体は皮脂を分泌しようとしてしまいます。そのため、毛穴がつまり雑菌が繁殖し赤ニキビができてしまうのです。

 

 

また、顎も頬と同じく、ホルモンバランに影響されやすいとされています。生理周期の乱れや、便秘、ビタミン不足なども影響してきます。

 

便秘の方は食物繊維と水分をしっかりとと摂り、適時マッサージをするなどして排便のコントロールをしてみてください。

 

ビタミンが補えない場合は、市販のサプリメントを摂ることや、皮膚科に行って保険で出してもらえるビタミン剤を内服するのも1つかと思います。

 

 

赤ニキビができてしまった、そんな時は触らず、焦らず、まずは近くの皮膚科に受診してみてください。ニキビに効果的な抗菌薬を処方してもらいましょう。そして新しいニキビができないように、生活習慣の見直しとスキンケアを改め、ニキビ跡のない美肌を目指しませんか?

赤ニキビ 治る期間

赤ニキビは非常に厄介で、痛みを伴う事が多いので、出来てしまうだけで苦痛ですよね。

 

見た目もやはり気になりますし、早く治したいものです。

 

赤ニキビは白ニキビや黒ニキビなどまだ比較的治療がしやすい段階のニキビが残念ながら酷くなり、炎症を起こしてしまったもっとも厄介なニキビです。

 

酷くならない為にも、白ニキビや黒ニキビの早い段階で治療出来ていれば問題ないのですが、特に思春期などに一気にできてしまうと対応しきれずどんどん増えて悪化してしますよね。

 

 

私も学生の頃は本当に苦労しました!

今も『大人ニキビ』として時々ポツッと出来てしまい、しかも頑固でなかなか治らず、毎日メイクをどうしてもしなくてはいけないので困っています。

 

ですが、いくら早く治そうと思っても、触ったりするのは厳禁です!

 

どんなにキレイにしているつもりでも手にはバイ菌がたくさん潜んでいるので、ニキビの悪化に拍車をかけてしまいます。

 

 

また、どうしても気になるからといって潰してしまうのは、もっと厳禁ですし、バイ菌が入ってしまうだけでなく、痕にも残ってしまいがちです。

 

特に赤ニキビは炎症が強い状態ですので痕に残りやすい傾向があります。

 

 

キレイに早く治すにはまず一つ目は『正しい洗顔』です。

ニキビの原因でもある皮脂や汚れをちゃんと落とすことが重要です。

 

ただ、むやみやたらに一日に何度も洗顔を繰り返したりしてしまうと、今度は必要なはずのお肌の皮脂を奪い過ぎ、取り切ってしまった事により今度は過剰に皮脂が分泌されてしまうので逆効果です!

 

必要なお肌の潤いバランスを整える意味でも、洗い過ぎないことが大切ですよ。

 

なので二つ目は洗顔をした後、ちゃんと『保湿』する事も忘れないようにしないと余分な皮脂を呼び、ニキビの悪化につながってしまいます。

 

 

またニキビの原因菌の一つ『アクネ菌』は油分によって活発化するようですので、油分の多い化粧品は避ける事をお勧めします!

 

今はアクネ菌の抑制に効果的な商品も沢山出ていますので、上手に取り入れてキレイに治すのもいいですね。

 

 

ただ、残念なことに長引き、酷くなってしまったニキビは本当に頑固で自分ではどうしようもなくなってしまいますので、困った時は早めに皮膚科の受診をお勧めします。

 

治療次第で通常は早くて5日〜一週間程度で良くなるはずですので、無理に触ったりせず、痕も残さないように治療してみてくださいね。

赤ニキビがよくできる箇所は??

続いて、赤ニキビで悩んだ方の体験談を紹介したいと思います。

 

 

私は、出産を終えてから赤ニキビができやすくなりました。特に顎、おでこの髪の生え際によくできます。しかも少し触れただけでも痛いし大きいし目立ちます。

 

触らずにいよう、と注意はできますけども・・・。

 

私の場合は、生理前になると赤ニキビが出現します。ですので月に一度は赤ニキビが同じ箇所に繰り返しできてしまう、というわけです。原因は生理周期が大いに占めていると思います。

 

赤ニキビができてしまって痛いとき、腫れがひかない時にしている私の対処法ですが、まず一つ目は「オロナインを塗る」です。洗顔後に通常行っているスキンケアを終えた後、赤ニキビの箇所にオロナインを優しくちょんちょんと塗りこみます。翌朝には若干痛みはひいています。

 

 

そして、2つ目は化粧用の「オリーブオイルを塗る」です。

 

私が使用しているオリーブオイルはDHCの「オリーブバージンオイル」です。こちらはオロナインを塗って痛みがひいた頃につけるようにしています。そうすると腫れがひくようです。

 

ですがこの対処法は一時的なもので、毎月赤ニキビが出現した時のみに行っています。

 

 

赤ニキビの原因はストレスだけではない?

今まで自己流で処置をしていましたが、赤ニキビができる原因は色々あるようです。

 

よく「顎にできる赤ニキビは、「ストレスが原因」といわれていますが、必ずしもそれだけが原因ではないかと思います。

 

 

私の場合、皮膚科を受診したところ・・・

 

赤ニキビだけでなく、口の周りにニキビのような湿疹のようなブツブツができ、赤く炎症を起こした時期があり、「これも赤ニキビかな〜」と思い、いつもの処置をしていたら逆に悪化させてしまったことがありました。

 

 

心配になり、皮膚科を受診したところ、「口囲皮膚炎」と診断されました。

 

聞きなれない病名でしたが、今はこの皮膚炎にかかる女性が結構いるそうです。

 

 

先生がおっしゃるには、

  • 口の中の菌が原因なこと(←これは意外で驚きでした)
  • 化粧品が合わない(特に油分を多く含むものはNG)

との事で、口の中の菌が、舌で唇をなめた時などに外に出てきてその菌が悪さをするそうです。

 

ファンデーションはリキッドよりもパウダータイプの方が良いとのことでした。

 

 

実際のところ「口囲皮膚炎」は、今のところはっきりとした原因が分かっていないそうです。

 

そこで、薬局で処方された「ミノマイシン」という薬を14日間服用したところ、赤みやブツブツも治まり、なんと赤ニキビまで小さくなってくれたので、私の場合は、「ミノマイシン」は赤ニキビにも効くようで良かったです♪

 

 

治りを早くするためと経過を見るため、しばらくはスキンケアもお化粧も一切してはいけないのですが、(といってもお出かけする時は薄化粧はしてました)悩んでいる方は、一度皮膚科を受診される事をおすすめしたいと思います。

 

ぽつりと出来る赤ニキビ、原因は不規則な生活にアリ??

気付いたら時にはぽつりと出来ている赤ニキビ。赤ニキビって赤いからとても目立ちますし、頑固で中々治らないから困りますよね。

 

そもそも、赤ニキビってどうして出来るのでしょうか。

 

 

これは不規則な生活が原因と考えられています。

 

栄養バランスの偏った食事や夜更かし。また、運動不足、睡眠不足も赤ニキビの原因になり得ると言われています。

 

このような不規則な生活を送っていると体のサイクルが乱れ、結果、顔に過剰な皮脂が分泌されてしまい赤ニキビの出来やすい肌を作ってしまうのです。

 

 

それに加えて、肌の清潔感を保つことも大事です。

 

普段から使っている布団カバーや枕カバーは定期的に洗濯していますか?普段から使っているだけに、これらには菌がたくさん付着しています。

 

これも赤ニキビを作ってしまう原因になりますので、出来れば忘れずに洗いたいですね。

 

 

鼻の赤ニキビの原因は?

鼻は顔の中で一番皮脂の分泌が多い部分であり、顔の中で一番毛穴が深い部分でもあり、そして更には皮脂が一番たまりやすい部分でもあります。

 

毛穴が深いと言うことは、それだけ毛穴に汚れが詰まりやすいと言うことです。

 

皮脂の分泌が多く、しかも汚れをため込みやすい鼻はまさに赤ニキビにとっては絶好の場所。

 

 

また、鼻は皮脂が多く、人が無意識の内に触ってしまうので、他の部分よりも菌を付着させやすいと言われています。

 

赤ニキビの原因と言われているアクネ菌は、それらの皮脂や汚れを食べて繁殖し、赤ニキビへと成長するのです。

 

 

 

おでこの赤ニキビの原因は?

思春期を迎えた学生に出来やすいと言われるおでこの赤ニキビ。

 

これは成長ホルモンの乱れによって、おでこに皮脂が過剰に分泌されてしまっていることが原因になっています。

 

また、前髪の存在もおでこに出来る赤ニキビの原因です。実は髪には思っている以上にたくさんの菌が付いています。そんな菌だらけの前髪がおでこに毎日触れていると、当然おでこにも菌が付着します。

 

その結果、おでこの毛穴に菌が入り込んでしまい、赤ニキビを作ってしまうのです。

 

 

顎の赤ニキビの原因は?

過剰にストレスをためていたり、自律神経が乱れたりすると、顎に赤ニキビが出来やすくなると言われています。

 

睡眠不足や栄養不足も天敵です。

 

これらは自立神経を乱す要因になるので、赤ニキビもここぞとばかりに顔を出して来ます。

 

 

また、顎のすぐ上には口があります。

 

口は食事をする場所と言うだけあって、周りには食べ物の油が付いたり、食べかすが付いたりすることがあると思います。

 

口や口周り、顎が油だらけだったり、汚れをついたままにしていると、これも顎に赤ニキビを作ってしまう原因になるので注意しましょう。

タイミングを見極めろ!赤ニキビの正しい潰し方

ぷっくり赤く膨らんだ赤ニキビ。顔に出来ていると気になって気になって仕方ないですよね。思わず触ってみたり、潰して平らにしたくなる衝動に駆られることもあると思います。

 

しかしこの赤ニキビ、果たして本当に潰してしまっても大丈夫なのでしょうか。

 

 

赤ニキビを潰すことに関しては昔から様々な意見が飛び交っています。

 

潰した方が治りが早くなって肌も綺麗になると言う意見もあれば、潰すと更に赤ニキビが悪化して肌がぼこぼこになってしまう、と真っ二つに割れています。

 

 

実際、どちらが正しいのかと言えば、どちらも正しいのです。

 

それは何故かと言うと、赤ニキビには潰すタイミングがあるからなんです。

 

間違ったタイミングで赤ニキビを潰してしまえば確かに赤ニキビの炎症が悪化して、更にひどくなってしまいますが、タイミングをしっかりと見極めて潰せば、ニキビ跡も残らず綺麗な肌を取り戻すことが出来ます。

 

 

まず、赤ニキビを潰してはいけないタイミングについてご説明します。

赤ニキビが熱を持っていて真っ赤に腫れている場合や、触れてみると痛みが走る時。この状態で赤ニキビを潰してはいけません。

 

表面が真っ赤で触ると痛い時は、まだ赤ニキビが炎症を起こしている状態です。この状態のまま下手に赤ニキビを潰してしまうと、炎症が悪化して赤ニキビの菌が他の皮膚にも広がってしまう可能性があります。

 

 

赤ニキビは赤く膨らんでいるのでとても目立ちます。目立つからこそ、早く潰してニキビをなくしてしまいたいと焦りがちになってしまいますが、ここは我慢して、赤ニキビが潰せる状態になるまでじっと待ちましょう。

 

赤ニキビを数日放置したままにしていると、赤かったニキビが次第に白くなっていきます。これは膿が溜まっている証拠であり、赤ニキビの炎症が落ち着いた証拠でもあります。

 

 

この状態にまでなれば潰しても問題はありませんが、ここで注意点があります。

 

それは安易に指や爪先で潰さないことです。指や爪には雑菌が付いています。雑菌が付いたままの手で赤ニキビを潰してしまっては、潰した箇所に菌が入り込んで、いびつなニキビ跡が出来てしまうことがあります。

 

 

膿んだ赤ニキビを潰す際は、まず手を洗い、綿棒を二本用意します。綿棒二つを使って膿んでいる赤ニキビを挟み、ゆっくりと圧迫していくと、次第に白い芯のような物が顔を出します。

 

これは皮脂の塊です。出て来た塊はティッシュやコットンで優しくふき取り、その後潰した部分は忘れずに消毒するようにしましょう。

 

赤ニキビは出来てから潰すまで油断が出来ません。ニキビ跡が出来ないよう、潰した後も念入りにケアを続けるようにして下さい。

綺麗な肌になりたい!赤ニキビはどうすれば跡が残らなくなる?

一度出来てしまったら目立って目立って仕方ない赤ニキビ。炎症を起こして盛り上がっている状態の赤ニキビはとても煩わしいですが、それ以上に煩わしいのが何と言ってもニキビ跡。

 

ニキビが治った後も、懲りずに肌に居座っているんですから、本当に厄介ですよね。

 

 

出来ても治っても厄介な赤ニキビ。

 

跡を残さず綺麗に治すには一体どうすればいいのでしょうか。

 

規則的な生活を送る、栄養バランスの整った食事を摂る、夜はしっかり寝る、肌の清潔を保つなどなど。色々ありますよね。

 

 

この他にも、身近な薬や化粧水を使って、ニキビ跡を残さずに赤ニキビを治す方法があります。

 

 

赤ニキビは、オロナインで治るもの?

昔から万人に使われている、万能の軟膏です。これはニキビにも効くと言われています。もしかしたら、このオロナインを使ってニキビを治した方もいるかもしれませんね。

 

しかしこのオロナイン、万能の軟膏と言われてはいますが、全てのニキビに効くわけではないのです。オロナインの効果はあくまで殺菌と保湿。

 

炎症を起こしている赤ニキビにはとても効きますが、肌の内部で発症している白ニキビや黒ニキビには効かないそうなんです。

 

 

だけども赤ニキビには効果が見込めるので、赤ニキビが出来てしまった方は一度、使ってみてはいかがでしょうか。価格もリーズナブルで、薬局やスーパーにも売っているので手に入りやすいのも利点ですね。

 

赤ニキビを治す大前提として、肌の清潔を保つことが何よりも大事です。

 

殺菌作用を持ったオロナインを使えば、赤ニキビの炎症を抑えること出来て、治癒も早く見込めます。また、きちんとオロナインが殺菌をしてくれるので、ニキビ跡も残りにくくなるんですね。

 

 

この他にも跡を残さず赤ニキビを治す方法の一つとして、化粧水が挙げられます。

 

化粧品と一言に言っても種類やメーカーは山のようにあり、どれを選んだら良いのか分からないかもしれませんので、そんな時は、とにかく保湿力のある化粧水を選ぶようにしましょう。

 

 

ニキビが赤くなるのは炎症を起こしているからであり、この炎症を抑えるには保湿するのが良いと言われています。また、保湿と言っても毛穴にしっかりと吸収される、実績のある化粧水を選ぶことが大事です。

 

 

保湿は赤ニキビを治す上ではとても重要なことであり、保湿をするのとしないのとでは、ニキビの治りも段違いです。

 

また保湿をこまめにすることで、赤ニキビが出来にくい肌を実現することも出来るので、ニキビが治った後も、習慣にして続けたいですね。

気になる赤ニキビ、コンシーラーでどうやって消すべき?

真っ赤に腫れ上がった赤ニキビはそのまま剥き出しにしているととても目立ちます。

 

そんな無駄に目立ってしまう赤ニキビ。少しでも目立たせなくするために、コンシーラーを使って赤ニキビを隠す女性も多くいらっしゃると思います。

 

しかしこのコンシーラー、実は使い方が意外と難しいんです。いざコンシーラーを使って赤ニキビを隠そうと思っても、色がいびつに浮いてしまったり、使い方が分からず逆に目立たせてしまったりと、やり方を間違えると逆効果になってしまうことだってあるんです。

 

ではコンシーラーはどう使えば赤ニキビを隠してくれるのでしょうか??

 

 

重要なのはコンシーラーの色選びです。

赤ニキビはご存知の通り赤色。つまり自分の肌の色とは違う色をしています。赤はただでさえ明るく目立つ色ですから、普段使っているコンシーラーで隠しても、赤ニキビの赤色には合いません。下手をすれば逆に赤ニキビを強調してしまう可能性だってあります。

 

 

ですから赤ニキビを隠したい場合は、普段使っているコンシーラーよりも暗めのカラーを選ぶようにしましょう。そうすることで赤ニキビの明るい赤色を抑えることが出来て、肌にも色を馴染ませることが出来ます。

 

どんなにコンシーラーを塗っても上手く隠せない!とお悩みの方は、まず使っているコンシーラーのカラーに注目してみましょう。

 

 

また、赤ニキビはぷっくり盛り上がっています。このぼこっとした盛り上がりにコンシーラーを塗るのはとても難しいですよね。

 

盛り上がっている部分にやみくもに塗りたくっても余計に目立たせてしまうだけ。では、どうすればコンシーラーを上手く塗ることが出来るのでしょうか?

 

 

コンシーラーは直接塗ったり、指に付けて塗っても、上手く塗れないことがあります。

 

そんな時はコンシーラーブラシを使ってみて下さい。これは指では塗りにくい細部まで塗ることが出来ますし、使い勝手がとても良いので、一本でも持っておくととても重宝します。

 

 

赤ニキビにコンシーラーを塗るにはコツがあります。

赤ニキビを隠そう隠そうと思うと、無意識に赤く盛り上がっている部分にばかりコンシーラーを塗ってしまいがちですが、実は赤ニキビの周辺から塗った方が目立たなくなるのです。

 

周辺を塗った後、ファンデーションで仕上げると、驚く程赤ニキビが隠れてしまっているので、是非試して下さいね。

 

 

また、化粧を落とす時に、ファンデーションとコンシーラーはしっかりと落とすようにしましょう。毛穴にコンシーラーが残ったままでは赤ニキビは悪化してしまいます。忘れず欠かさずケアをしたいですね。

 

 

 

 

▼▼ 日々のケアにアクセント加えませんか?? ▼▼

 

赤ニキビ | 治らない原因、潰して跡に残らないように、顎、鼻、おでこと部位ごとにまとめました。記事一覧

 

少しでも早く赤ニキビを治すには、何から見直ししたらいいの??と悩む前に、始めやすい事から取り組み、試していくのが、一番の近道かと思います。そこで、ここでは少しでも、赤ニキビに悩む方の体験談をもとに、どんな事を試されてきたのかを紹介したいと思います。 色々と試してみたけれど・・・草花木果は、どくだみの匂いがとても良くて使い心地はNOVに似ています。草花木果の個人的な感じですが、確かに少しニキビも引き...

 
 

[ニキビケア] ブログ村キーワード私が、赤ニキビが大量に発生していた頃は、16歳から17歳位の時でした。主におでこ、頬あたりにかなりひどくできてました。「にきびは、ばい菌が炎症を起こしている状態だから絶対に触ってはいけない。」などと皮膚科医の先生や母に、ずっと言われてはいましたが、ニキビができている私本人からしてみると、気になってしょうがなくて、自分なりの対処法で何度も試してみました。これが全ての...

 
 

昔ニキビがとてもひどかった頃は、母親と一緒になって、ニキビが治ると言われる皮膚科に何時間もかけて通ったり、ニキビ専門のエステを受けたりと、様々な方法を試しました。今回のテーマである、ニキビ、化粧水、市販についてですが、12年前くらいに通っていたニキビ専門の美顔サロンでの体験談をここで紹介したいと思います。化粧水パックを試したのは、美顔サロンが初めてでした。コンビニ感覚の新、美顔サロンとうたっている...

 
 

私は、年齢を重ねるごとに、ニキビができる場所が違っていくことを感じていて、私自身の体験でお話しますと、まず、10代の頃は、おでこ、髪の毛の生え際、頬あたりに大量にできていました。20代の前半では、頬にたくさんできていました。おでこに出来ることはほぼなくなりました。 20代後半になれば、口周り、顎の下にニキビができるようになりました。このような感じで、年齢と共に部位も変わってきたのですが、顎にニキビ...

 
 

赤ニキビは、皮膚が炎症を起こしているものだから、当然触るととても痛いので、以前は絆創膏の小さいものを貼っていました。私の場合は、市販の絆創膏を切って、使っていたんですね。絆創膏を貼っていれば、その上からお化粧をしても痛くないし、コンシーラーのように肌に悪くないし、目立たなく隠せますし、外部のばい菌も避けることができるかな?という持論からです。この赤ニキビなのですが、赤ニキビの炎症をじっくり観察して...

 
 

赤ニキビが出来た時に、「潰した方が良いのか、それとも「潰さない方が良い」かの問題ですが、ニキビを観察してみるとわかるのですが、潰していい頃のニキビのタイミングが来るまでは、絶対に触らないほうがいいと思います。赤く腫れあがっているニキビは、初期の赤ニキビで、時間が経ってくると、ニキビの頭(先っぽという表現がわかりやすいでしょうか?)に膿を持ってきます。見た感じの色では、白くなってきますので、ここが潰...

 
 

ニキビのケアに適度な運動は大切なのかも??と思った瞬間があるんですけど、私がお世話になっていた整形外科の病院では、「東洋医学を主にした治療法を行っていて、私も色々と試してきました。まず、西洋医学と東洋医学の違いですが、西洋医学は薬で症状を抑える。東洋医学は、昔から言い伝えられてきた食べ物や飲み物などの自然の力で病気をやっつける。それぞれそのような方法だと、私は認識しています。そして、その病院の2階...

 
 

実は、母がポーラ化粧品のアペックスを使っていたこともあって、アペックスについて、たくさん調べていた頃があります。すると、インターネットの中で、アペックスの化粧水はオルビスと成分がほとんど一緒だということを書かれていました。アペックスがとても高価な化粧品ですから、ニキビが治るのかな?と言う勝手な期待があったため、学生の私が買えそうなお手頃なオルビスを購入したことがきっかけでした。オルビスに期待感と安...

 
 

今回のテーマは、赤ニキビ お風呂と言う事ですが、まず、ニキビができる原因ですが、前の記事に書いた、「先生に言われた、手が冷たい」ということに関係していて、冷え性ということがあげられると思います。<参考記事>赤ニキビ 運動で冷え性との関係をまとめていますので、一緒に確認して下さいね。冷え症であれば、血液の流れが悪くなって、体全体の代謝がドンドンと低下して、体の隅々に血液が運ばれなくなる、この流れはだ...

 
 

赤ニキビの応急処置ですが、さ様々な方法を試した結果から言うと、「まだ赤ニキビの状態では、何も触らないほうがいい」と思います。すなわち、放置が1番だと思います。ニキビは、赤ニキビの後に膿を持った、白ニキビや黄色ニキビに変化していきます。それまでは、なるべく何も触らずにしておき、そうなったら、以前書いた方法により潰したりするようにすれば良いのですが・・・赤ニキビの段階で、無理矢理潰そうとしても、まず潰...

 
 

オロナインと聞いて、懐かしいなぁと私は思ったのですが、皆さんの中にも同じように感じた方がいらっしゃるかも知れませんね。もし、いらっしゃる場合は、オロナインを傷口に使用したり、美容ケアで使っていた過去があるのかも知れません。私は、若いころは、オロナインを必需品のように扱っていました。高校の頃は、化粧をしないので、休みの時間になれば、オロナインを何度も塗っていましたので、とても懐かしく感じます。オロナ...

 
 

ニキビに良い漢方薬についてですが、東洋医学で治療をしている、私が通っていた美容サロンの責任者の方に、教えていただいたことをここで紹介したいと思います。漢方薬は自己治癒力を高める一つの方法です。まず、東洋医学と言えば漢方ですが、「自己治癒力を高めながら、治療していく方法の1つだよ」と言うことを教わりました。漢方を飲んで、ホルモンバランスの乱れを整えたり、冷えや、血行障害、胃腸の調子を整えたり、抗生物...

 
 

赤ニキビがひどくなったり、おさまったりするのは、女性の場合は生理周期も大きな原因だと思います。以前、ニキビがとてもひどかったから、毎日の日記に、「ニキビができた箇所や症状を詳しく書いたり、写真を撮ったりしている時」がありました。当時は、その日食べた、三食の食べ物と飲み物を記載したり、生理周期が、何日目なのかについて、ノートに細かく記載していました。それを見返してみると、自分の思っている事と当てはま...

 
 

赤ニキビの化膿についてですが、まず、赤ニキビが化膿するという事は、かなり雑な扱い方をしている印象を受けました。化膿してしまったニキビは、必ずと言っていいほど、ニキビ跡として残る事になります。私も、雑につぶしてしまったにきびは、黒く跡に残っていたり、ボコボコ穴があくような状態になってしまい、ニキビ跡が残っています。ここまで炎症が起きているにきびは、一番の方法は、皮膚科の先生に見せた方が良いと個人的に...

 
 

今回は、赤ニキビと角栓について、私なりの体験談を通じてまとめてみました。福岡県の久留米市にある、皮膚科に行った時に、女医さんが親身になって、私のニキビに対応してくださったことがあります。その時の治療は、今取れそうな部分のニキビや、角栓の除去をしようねと言うことでした。そのときに先生が角栓についてお話をしてくれました。「鼻の頭にできている黒い斑点は、毛穴に皮脂が詰まる角栓だよ。これを放置しておくと、...

 
 

赤ニキビのできているところに、乾燥が起きるのか、乾燥肌の方が、赤ニキビができるのか・・・どちらでとっていいか、正直なところわからなかったのですが、「乾燥肌の赤ニキビ」が私の場合は当てはまりましたので、その視点で紹介したいと思います。POLA化粧品を試した時の事・・・まず、私が以前から気になっていた、POLA化粧品のアペックスアイを試そうと購入しにいったとき、この化粧品は、一人一人の肌の状態に合うよ...

 
 

日常の中で、もしも赤ニキビが急に増えたときは、まず、原因が何か自分なりに研究してください。答えは必ずあるはずです。私もこれまで、何度も、何度もニキビが出来れば治る、出来れば治るの日々でした。精神的にもストレスとなり、またニキビが繰り返される、つまりそれが悪循環になることもありました。そこで、かなりひどくなる時期がときたまあったので、原因をつかむためにノートに食べたもの、飲んだもの、朝起きた時間、夜...

 
 

赤ニキビのクレンジング方法についてですが、まずあまりオススメしないのがオイルのクレンジングです。べたつきが残ってしまい、これがニキビの原因になるように思います。いろいろ試した結果、もちろん、「オイルフリーのものもありますが、きれいに汚れまで落ちるかと言えば、効力が欠けているかな」と、私は思いました。私が長年使っている、キュレルのクレンジングは肌触りも良くなり、使い心地がとってもニキビ肌には良いと思...

 
 

赤ニキビが口元にたくさんできるときはだいたいホルモンバランスの乱れの時や、ストレスが溜まっている時に感じます。特に、環境がかわったり、季節の変わり目にもできやすいです。皆さんはいかがでしょうか?そして、赤ニキビが口元にできる時、決まっていくつかの「口内炎」もできる気がします。口内炎も口周りのニキビも、痛いので厄介です。口元にできた赤ニキビはとても目立つし、すごく恥ずかしいですし、早く治ってほしいと...

 
 

赤にきびは、同じところに繰り返しできます。その理由は、ニキビの芯があって、その芯を取り除けばできないけど、そこを無視して表面だけ潰したりするからだそうです。医療に詳しい方に聞きましたので、この情報は間違ってはいないと思いますが、そのため、「ニキビを潰すときにあるコツ」が必要だそうです。それは何かと言うと、潰せるニキビがあれば、まず消毒をして、ニキビを潰すときニキビの幹部には触らず、周囲から両指でし...

 
 

ケミカルピーリングですが、私も何度もピーリングを試そうかと悩みましたが、やはり美容外科などの病院で本格的にピーリングするとなると、一度自分の肌を1枚剥がして、新しい肌にしていく・・・と言うことを聞いたことがありますので、少し怖いなぁ・・・と言う事もあり、なかなか挑めませんでした。最近は、レーザーピーリングなどもあって、「古い角質を取り除いてくれる方法がある」と言うことなので、これを体調が良い時に試...

 
 

まず、ニキビがあるからといってコンシーラーで隠すのは、あまり良くないと聞いたことがあるのですが、やはり女性としてニキビをそのままでいるのも恥ずかしいものだので、コンシーラーでニキビを隠したいですよね。ただ、以前もお話ししたと思うのですが、私がニキビに良いコンシーラーを探していた時に言われたことが、「ニキビを隠すのではなく、消せるコンシーラーに出会えますように」と、美容の販売員の方に言われたことがあ...

 
 

実は、私が1番いま悩んでいる事は、コメドです。20代前半ばはコメドなどできことがありませんでした。しかし、20代後半になってから、化粧品が合わなかったり、お肌が乾燥していたり、体調が悪いときや、季節の変わり目などのときにこのコメントが赤にきびに加えたくさん発生するようになりました。コメドは生活環境と関係がある??おでこに大量発生したときにはさすがに皮膚科へ行きました。長年お世話になっている皮膚科の...

 
 

以前、私が通っている皮膚科の看護婦さんに言われたことがあるのですが、それは「動物性の脂よりも、植物性の油をたくさん摂取するようにね。」ということでした。理由としては、動物性タンパク質の取りすぎによって、生活習慣病になるケースが多いと言う事からきていまして、動物性タンパク質は少なすぎてもダメなのですが、取り過ぎると良くないと言うことす。やはり生活習慣病をひき起こすので、お肌にも悪いのかなと思います。...

 
 

赤ニキビと抗生物質についてですが、これまで私が皮膚科で処方して頂いた薬の中で、抗生物質についてわかった事をここではまとめてみたいと思います。まず、ニキビの種類や症状によっても処方される薬は違うのですが、「軽い抗生物質から重たい抗生物質」まで、沢山の種類があるようです。また、私の体験上ですが、一瞬で赤ニキビが治る抗生物質もありましたので、早速書いていきたいと思います。まず、「肌荒れがひどいな・・・」...

 
 

ニキビができてきて、それが炎症を起こしてから赤ニキビとなって膨らみ、その赤ニキビが枯れれば、ニキビの芯を取り除く事ができます。芯を取り除く時ですが、人によっては、安全ピンを使ったり、汚れた針を患部に刺したりする方もいたり、無理やり芯を出そうとする行為もありますが、絶対やめた方がいいです。ニキビの進行度具合や、状態を見ていないと、まだまだ炎症がひどい時にニキビの芯をとろうとしても、取れませんし、無理...

 
 

ニキビの色素沈着については、最近私が1番悩んでいたことです。色は紫色のような、黒っぽい色のような、赤い色の光の色が混じりあったような色で、ポツポツと広範囲にできてきています。びっくりするのが、お化粧しているとそこまでわからないのですが、お酒を飲んで血行がよくなると、赤みマックスでかなり目立ちます。お化粧していても、にきび跡が浮いて来るようにブツブツと・・・。だから、一刻も早くこの色素沈着を取り除き...

 
 

まず、ステロイドはニキビが酷い時や継続されて出来る時に処方されますが、ニキビの場所じゃなくて別の場所まで適当に塗ってしまったり、雑な扱いをすると、逆にニキビができてしまいます。私も、毎日のことなので鏡を見ることなくだいたいの雰囲気でステロイドを塗って寝た時、翌日、コメドが大量発生してしまいました。ニキビの原因となるアクネ菌が繁殖したり、塗った部分の、皮膚の免疫力が低下することで起きるそうです。です...

 
 

睡眠が短くなると、私の場合は、コメドが大量発生したり、赤ニキビの手強いものがポツポツと出来てしまいます。今回、引っ越しをすることになって、急遽予定が早まったこともあり、毎日仕事納めに向けて、遅くまで仕事があったり、毎晩のように送別会があったり・・・引っ越しの準備で疲れも取れず、睡眠が短くなっていました。そしたら、週末から大量に小さなニキビと赤ニキビ、コメドが大量発生してしまいました。悲しい限りです...

 
 

赤ニキビの真ん中が白い、それは"膿"&"黄ニキビ"です…!赤ニキビの真ん中の、白いものの正体は「膿」&「黄ニキビ」でした…!一見すると「ニキビの芯」のように見えて、「抜いてしまった方がいいのかな?」と思われるかもしれませんね。赤ニキビが大きく腫れ上がって、そこがだんだんと枯れてくると真ん中が白くなってくるので、紛らわしい一面があるのですが、「膿」と「芯」は別物で、赤ニキビの真ん中にある白いもの(膿...

 
 

炎症が悪化して赤くなってしまった状態のニキビは赤ニキビと呼ばれます。その名の通り赤く腫れしまい、痛みを感じることもあり炎症も進行しているので治りにくいのが特徴です。また炎症が沈静化しても赤みが残ってしまったり色素沈着が起こりやすくニキビ跡がクレーター状になることもあるので注意が必要です。赤ニキビは角質が厚くなって毛穴の奥の深い部分が炎症を起こした状態で炎症が悪化しやすく長引きます。なので早めに治す...

 
 

ニキビの中でも炎症を起こして赤く腫れてしまったニキビを赤ニキビと呼びます。痛いし目立つので人前に出るのが嫌になってしまいますよね。赤ニキビには効果的な薬がいくつかあるので、それを知って早めのケアで炎症を抑えたいものですね。赤ニキビに効果のある薬まずメルラインと呼ばれる薬ですが雑誌でもよく紹介されている顎やフェイスライン専用のニキビケア用ジェルです。有名なので聞いたことのある方もいらっしゃると思いま...

 
 

オロナインですが、正式名称はオロナインH軟膏といいます。1953年からある歴史の長い塗り薬です。オロナインは効果効能を見てみると擦り傷や切り傷だけでなくてニキビにも効果があると書かれてあります。ここで注意しなければならないのが全てのニキビに効果があるわけではないということです。赤ニキビにオロナインは効果的?オロナインの成分の中でニキビに効果があるのは主成分のクロルヘキシジングルコン酸塩液です。殺菌...

 
 

痛いし見た目も目立つ赤ニキビ…この赤ニキビは完治させないと慢性化して何度でもできてしまいます。赤ニキビが治したと思ってもまた出来てしまう理由は根本的な原因を取り除いていないからです。しっかり根元からケアできていないと何度も赤いニキビができてしまいます。赤ニキビが出来る原因そもそも赤ニキビの原因ですが、思春期の頃の原因としては皮脂の分泌が多いためがほとんどですが、大人になってからできる赤ニキビの原因...

 
 

ニキビの中でも進行が進んでしまって痛みを伴うことも多い赤ニキビ。痛みを伴う赤ニキビの原因まず痛い赤ニキビのでき方についてですが毛穴付近に汚れがある場合、皮脂が出られなくなって毛穴が詰まってしまった状態になってしまいます。そこにアクネ菌が繁殖を起こしてア一気に増えていきます。アクネ菌は繁殖だけでなく死滅も早いので死骸や糞などによってもさらに炎症がひどくなってしまいます。また、皮脂腺はお肌表面の汚れな...

 
 

ニキビの中でも進行してしまっている赤ニキビは炎症ニキビとも呼ばれています。その名の通り、ニキビが赤く炎症を起こしている状態で痛々しい見た目だけでなく、実際に軽く触れただけでも痛みを感じることもあります。赤ニキビを潰すとどうなる?赤ニキビはニキビの中でも比較的軽症の白ニキビや黒ニキビを放置した結果、毛穴の中に皮脂が溜まってしまったままの状態からニキビの原因菌であるアクネ菌がその皮脂を餌として繁殖して...

 
 

ニキビは白ニキビから始まり黒ニキビに進み赤ニキビ、更に悪化すると黄色ニキビへと進行します。黄色ニキビになってしまうと、ニキビ跡になることが多いので赤ニキビの状態で治すことがとても大切となります。赤ニキビと跡についてそもそも赤ニキビとは炎症を起こして腫れてしまっている状態です。赤ニキビは毛穴の中でアクネ菌が増えすぎてしまったことが原因で発生します。元々アクネ菌は常在菌でお肌のバランスを整えてくれる役...

 
 

赤ニキビかぽつん・・痛いし気になるし一刻でも早く治したいですよね。そもそも赤ニキビというのは毛穴の中に溜まってしまった皮脂をしてアクネ菌が餌にして増殖して炎症を起こした状態のことを指します。正式名称では赤色丘疹と呼ばれ、この段階から痛みや腫れが出てくる上に自然治癒が難しくなってきます。ではなぜアクネ菌によって毛穴に炎症が起こるのでしょうか。アクネ菌はなぜ炎症する?アクネ菌はリパーゼという酵素を使い...

 
 

ダラシンという言葉はご存知ですか?ダラシンゲルはディフェリンと並んで皮膚科でよく処方されるニキビ用の塗り薬のひとつのことです。赤ニキビとダラシン抗生物質で殺菌剤の医薬品なのでドラッグストアなどの市販では買うことはできますせん。ダラシンtゲルの主成分はクリンダマイシンという抗生物質でニキビに塗りこむことで炎症の原因であるアクネ菌やブドウ球菌を殺菌させる効果があります。特に赤ニキビに効果的で早くて1日...

 
 

皆さまも怪我をした時などにマキロンを使用したことはありませんか?マキロンは第一三共ヘルスケアから製造されている消毒薬で切傷やすり傷、さし傷、掻き傷、靴ずれ、創傷面の殺菌など効果があります。ご家庭の常備薬としても知られているマキロンですが赤ニキビの炎症が抑えられて目立たなくなるという話は聞いたことがありますか?そもそもマキロンは消毒液なので擦り傷や切り傷に対して使用するのですがマキロンに含まれる成分...

 
 

ニキビが炎症を起こして腫れている状態が赤ニキビと呼ばれています。まずは赤ニキビを本気で治したいという想いが無ければ、生活習慣の改善やスキンケア等を実践することは難しいと思います。赤ニキビを早く治す方法まずははちみつですがこちらは消炎効果、殺菌効果で赤ニキビにも予防にも効果的と言われています。綿棒などに取ってニキビの上に5分程度置いた後優しく洗い流しましょう。また赤ニキビを治すには専門医に薬を処方し...

 
 

赤ニキビができると痛いだけではなく、目立つので気になってしまいますよね。コンシーラーで隠そうにも使い方が難しくて赤ニキビがうまく隠せないという方もいらっしゃると思います。赤ニキビを隠すための化粧のポイントコンシーラーでニキビやシミを上手に隠すことは実はとても難しいと言われています。コンシーラーを上手く使いたい場合はコンシーラーブラシがおすすめです。コンシーラーブラシをお肌に平行に持ってコンシーラー...

 
 

鼻の下に赤ニキビが???なんて経験はありませんか?赤ニキビはアクネ菌などの雑菌が繁殖してしまうことで炎症を起こしてしまうことでてきます。厄介なのは鼻はよく触ることから小さい赤ニキビから大きい赤ニキビにへと悪化しやすいのです。鼻の下に出来たニキビを悪化しない方法基本的に赤ニキビはどの部位であっても炎症しているので洗顔だけでは治すことは難しくやはり炎症を抑える薬を塗るのが効果的となります。クレアラシル...

 
 

痛いし目立つ赤ニキビ・・一つできただけでもとても憂鬱ですよね。赤ニキビが出来る原因主な原因は皮脂の過剰分泌と言われています。皮脂というのは本来はお肌に潤いを与えてくれ細菌やウィルスやほこりなどのお肌にとって有害な物質が毛穴の中に入り込んだりしないように防御する役割を果たしています。なので皮脂の量が少なすぎるとお肌が乾燥してお肌の防御機能が失われますしお肌にとってもよくないのですが、かと言って逆に過...

 
 

見た目も目立つ上に痛みを伴うことの多い赤ニキビ。炎症を起こして赤ニキビに発展するケースが多いのですが、突然できてしまうこともあり、ニキビ跡も残りやすい厄介なニキビです。赤ニキビの対処方法赤ニキビを治すためにはお肌を清潔に保つことがとても大切です。赤ニキビが気になっても触ったり潰したりするのはやめましょう。触るだけでもニキビ跡が残りやすくなってしまいます。そして赤ニキビはアクネ菌の増殖によっておきて...

 
 

皆さまさはピーリングという言葉は聞いたことはありますか?赤ニキビができる原因としてアクネ菌があげられますが、これをお肌からなくせばいいかというとそうではありません。アクネ菌は常在菌なのでどんな人のお肌にも存在していて本来は他の病原菌の繁殖や侵入を防ぐ働きを担っています。しかし何らかの原因で皮脂が過剰に分泌されてしまった時にアクネ菌の活動が活発化して脂肪酸を作り出しまします。この脂肪酸がニキビができ...

 
 

赤ニキビとは炎症を起こしてしまっている状態です。痛みも伴うし、赤くて目立つので気になる方と思います。もちろん早く炎症を抑えるために塗り薬などでの外側からのケアは大切ですが、体の内側からケアしていくためには漢方が有効です。漢方薬は赤ニキビに効果的?まず、漢方は効果を実感するのに多少時間がかかります。塗り薬は今まさにできている赤ニキビを治すという役割ですが、漢方は体の内側からアプローチすることで完全に...

 
 

皆さまはワセリンが有効だという名前は聞いたことがありますか?赤ニキビにワセリンは有効?ネットなどでもニキビなどにワセリンが有効と言われているのを見ることがあります。しかし実は赤ニキビにワセリンを塗るのは逆効果です。というのもそもそもニキビは角栓によって毛穴の中が塞がってそこに皮脂が詰まってしまうことが発生原因です。毛穴の中でアクネ菌が増殖することで毛穴の中に溜まった皮脂を餌にして大量に増殖して赤く...

 
 

赤ニキビはアクネ菌が増殖することによって、白ニキビや黒ニキビが悪化してしまったものです。元々ニキビ自体の原因はストレスや食生活などの生活習慣や間違ったスキンケアなど色々あります。赤ニキビにまで悪化してしまうとご自身だけのケアでは治すことは難しく、場合によってはさらに悪化して化膿した黄色ニキビへと進行してしまいます。赤ニキビは可能するとどうなる?化膿すると皮膚の組織が破壊されてしまい炎症の原因物質が...

 
 

元々ニキビが出来やすい体質だった人も、そうでない人も、化粧をしたり年齢を経るに連れて、誰しも一度は出来たことがある「赤ニキビ」。そもそもニキビが何故出来るのかは様々な要因がありますが、特に鼻の下の赤ニキビは痛みも強く、場所的にも結構恥ずかしいです。筆者もつい最近鼻の下の赤ニキビが治ったばかり。ある日突然現れる困り者は、こんな理由で出来てしまうのです・・洗顔しすぎ顔を洗うのは毎日のことだが、夜にメイ...